日払いや日雇いバイトの禁止令

派遣には「派遣法」という法律があります。平成26年10月1日この派遣法が改正されました。

その内容と言うのは、日雇いバイトや日払いが出来なくなったというものです。厳密に言うと単発(日雇いバイト)で働く事が出来なくなったという事ですね。

ただ一定の条件を満たす方は出来るようです。それが世帯年収の合計が500万円以上の方、60歳以上の方、学生という条件のようです。

この派遣法の改正は、きちんと就業しましょう!という事だと思うのですが、それが出来ないから日雇いバイトなどをする人もいるんですよね。

特定派遣という派遣会社の設立も出来なくなり、こういった日雇い系の仕事を集めている派遣会社も相当経営が厳しくなっていると聞いています。

その為、一部の会社では請負業務として日雇いバイトを集めているようです。請負であれば派遣法には関係ないので、堂々?と日雇いバイトを進める事が出来るからです。

ただ今の派遣会社と言うのはインターネットを使って働く人を集めていますので、請負業務だとなかなか人が集まりません。

いたちごっこですね。

日雇いバイトや日払いバイトで働きたい人は、本当に大変な時代になってしまったと思います。

きちんと就業をしたくても出来ないから日雇いバイトなどをしているのですからね。

困った時代です。